三点透視図法を使った立体について。イメージから描く手順まで

スポンサーリンク

以前、一点透視図法と二点透視図法についての記事をまとめました。

【関連記事】

一点透視図法でみる、立方体・直方体の描き方

二点透視図法で描く立体。パースラインの描き方について

 

三点透視図法を描く場合、これらの透視図法を応用して描く事となりますが、一点透視図法と二点透視図法を抑えられていれば、さほど難しいものではありません。

とはいえ、消失点に向かって収束するパースの線が増える為、画面内で混乱しないように整理しながら描く必要があります。

 

三点透視図法の用途

 

三点透視図法は主に、高層ビルやスカイツリーなどといった建造物を描く際に用いられます。

実際に高層ビルの下から建物を見上げた際、屋上の先端が一点に向かって収束しているのをご覧になられた事はありませんか?

同様にビルの屋上から建物を見下ろした際も、地上に向かうにつれて先端が細くなっているという事が分かるかと思われます。

 

まとめると、

アイレベルよりも上=見上げる構図

アイレベルよりも下=見下ろす構図

となります。

 

図で表すと以下のようなイメージですね。

住宅やちょっとした建造物だと一点、あるいは二点透視図法で描く事が出来ますが、三点透視図法を使う際はスケールの大きな建造物等を描く際に使われます。

 

三点透視図法には消失点が3つある

 

三点透視図法はその名の通り、3つの消失点に向かってそれぞれのパースラインが収束して描いていく事となります。

基本的な考え方は二点透視図法がベースとなっており、アイレベル上に置かれた2つの消失点に加え、アイレベルの上下いずれかに3つめの消失点を描き足していく事となります。

【関連記事】

アイレベルとは?

 

三点透視図法を描く手順

 

では、三点透視図法の描き方について説明していきます。

 

アイレベル上に消失点を2つ描く

 

まずは二点透視図法と同じ要領で、目線の高さとなるアイレベル上に消失点を2つ設置します。 

【補足】

この際に、二点透視図法でも触れましたが、パースがキツくならぬよう、少なくとも1つは画面の外に消失点を設置すると良いでしょう。

 

それぞれの消失点に向かって線を描き、立体物の上面を描きます。(後に底面も描きます)

薄いグレーで塗りつぶした箇所が立体の上面となります。

ここまでは二点透視図法と同じ要領で描く事となりますが、三点透視図法ではもう1か所に消失点を設置します。

 

3つの消失点を決める

 

図で表すと以下のようになります。

今回は見降ろした視点での解説ですが、用途に応じて描いて頂けると幸いです。

 

3つめの消失点に向かってパースの線を描く

 

二点透視図法を使って立体の底辺、上辺を描いた後、次に3つめの点に向かって収束していく線を描いていきます。

まず、消失点3とそれぞれの消失点を結び、さらに上面の四隅とを結びます。

【補足】

消失点3は言い換えれば上下方向の線を描く際に必要な点であるとも言えるでしょう。

 

底面を描く

 

立体物のおおよその高さを決め、それぞれの点(消失点1,2)を結んで立体物の底面を描きます。

この時点で描く線が沢山ありますが、それぞれの線が混同しないように注意しながら描いていきましょう。

 

パースラインを消して完成

 

最後の仕上げとしてパースの線を消しておきましょう。

この際に、立体の実線まで消さないように気を付けましょうね。

【補足】

実際に立体になってみると分かりますが、アイレベルの線から離れる事によって見える面(この絵の場合底面の方)が大きくなります。

3つ以上の消失点があるものを描く際にも応用出来るので、覚えておくと便利だと思います!

 

まとめ

 

三透視図法の描き方について説明しました。

高層ビル等を描く際に参考にして頂けると幸いです。

 

透視図法に関する書籍

 

最後に個人的にオススメするパース・透視図法に関する書籍を紹介しておきます。

どちらも良書です。

 

created by Rinker
¥2,090 (2020/10/01 09:27:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,750 (2020/10/01 09:40:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,096 (2020/10/01 09:27:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

シェアしてくれると励みになります!