どのくらいの文字数が必要?ブログ1記事当たりの目安について

スポンサーリンク

 

ブログを始めると、「一記事当たりどのくらいのボリュームがあった方が良いの?」といった疑問が少なからずある事だと思います。

記事は書き始めたら何百、何千文字と書く事が可能なので正直キリが無いですね。

適切なボリュームというのが人によって異なってくると思いますが、ある程度の適正な文字数で書いた方望ましい事であります。

この記事では、一記事当たりのおおよその目安としての文字数についてまとめてみました。

ブログ記事でお悩みの方は参考にして頂けると幸いです。

 

基本的には一記事当たり800文字は欲しい所

 

800文字と聞くと400文字の原稿用紙2枚分なので、人によっては多く感じてしまうかもしれません。

僕自身、学生時代は感想文やレポート・小論文を書く事が大の苦手だったので、ブログを始めた当初は50文字とかで終わってました。。。(ホントです)

ですが、今では一記事当たり1000文字は書きますし、内容を詳しく掘り下げていくと2000文字を超える事もザラにあります。

以前長々と書き綴っていたら10000万文字超える事もあったので、初めの頃と比較すると自分でもかなり成長はしたものだと思いますね。笑

 

ところでなぜ800文字は欲しいのかと言うと、やはりコンテンツとしてある程度のボリュームが必要だという事です。

一つのコンテンツとして成り立たせるには、100文字や200文字だとかなり内容が薄く感じられてしまいますからね。

逆に、必要だと思う事を書き綴っていった場合、気付いたら1000文字超えている事が多々あります。

そうなってくると、800文字でも少なく感じられてしまったりもするんですよね。

 

なので一応の最低基準として一つの記事で800文字くらいは欲しい所ですね。

また、内容が薄いと検索エンジンにも評価されにくくなってしまうという事も理由の一つとしてあるので、記事を書く際はこのくらいの文字数を基準として書いておきましょう。

 

1500~2000文字程度が妥当

 

初めのうちは800文字程度でも良いとは思いますが、だんだん慣れてきて記事のコンテンツも充実させていこうとした際はスラスラと執筆が進む事だと思います。

そうなってくるとだいたい1500~2000文字くらいは必要になってくるので、僕自身これくらいを目安に記事を書く事がほとんどですね。

一方で3000字、5000字となるとあまりにもボリュームが多く感じてしまうので、読み手側にとってもストレスを感じてしまう事となってしまいます。

読み手側が必要な情報を得る事が出来、かつストレスがかからない程度のボリュームを出そうとした場合はこのくらいの文字数に留めておいた方が良いかもしれません。

 

気分がノッてスラスラと書ける時は長文を書いて良いかもしれませんが、読み手の事を常々意識して心がけておくようにはしておきたいところです。

 

極端な話、場合によっては文字数が少なくても良い

 

例外中の例外ではありますが、300~500文字程度の記事でも良いケースもあります。

例えば今すぐに欲しい商品があった場合、長々と書かれた記事を読むのも煩わしく感じてしまう事もあるので、その場合は文字数が少なくても成約がある為、その結果として費用対効果が高くなる事もあります。

 

あなた自身も「そんな長い情報はいらないから」って、思う事ありませんか?

欲しいメーカーの新商品の情報を発表された際に、過去の商品の紹介やその商品の歴史をダラダラと書き綴られてもうんざりする事だと思います。

 

人によっては、知りたい情報だけをいち早く知りたいという事もあるので、その場合長々と文章を書く事はデメリットにもなり得てしまいます。

ですので基本的には800文字以上書きつつ、緊急を要する記事等は文字数を少なめに書くと良いでしょう。

 

まとめ

 

以上、ブログの文字数についてまとめてみました。

記事を書く際に役立てていただけると幸いです。

 

シェアしてくれると励みになります!