自分に自信をつけるにはどうすれば?今すぐ出来る11の方法

自信

※当ページには広告が含まれています。

スポンサーリンク




 

自分に自信がある人って羨ましいなぁ
ヤマダ
ヤマダ

この記事を読んでいるあなたは、恐らくは一度や二度に限らず、何度もこのように思った事があるのではないでしょうか?

自信というのは一長一短で身につくものではありませんし、長年の経験によってようやく身につくものでもあります。

とはいえ、効果的なやり方をする事で、今の状態からでも自分に自信を持つ事が出来るようになるでしょう。

人生で今が一番若い時期でもあるので、将来の自分を理想的な人物像に仕上げていく為にも、日々の心がけを大切にしていって下さいね。

【スポンサーリンク】

20代は僕も自分に自信が持てなかった

悩みを抱える男性

僕自身、思い返せば10代の頃から20代前半くらいまでは受験失敗や失恋などが続き、自分に自信が持てない時期が続いていました。

失敗が重なってしまうと、自分自身が否定されてしまうように感じてしまい、物事に対して意欲も無くなってしまうんですよね。。

何事に対しても積極的になれず、自分の殻に閉じこもってしまう日々が続いてしまい、ネガティブ思考の無限ループ。

こういった悪循環が続いてしまうと、その先の人生が明るくなる兆しを自ら放棄してしまう事となってしまいます。

そこで当時を振り返ると、今の自分には過去の自分には無い経験があるので、その分の成長はあったのだと思われます。

特に20代の頃は自分の自信の無さに悩む日々が続いておりましたが、思考を変えたり人生経験を積み重ねていく事によって、考え方もポジティブにしていく事が出来るようになってきました。

これを読んでいるあなたも、今の自分を卑下する事はせず、前向きに物事を捉えていって下さいね。

不足よりもすでに有る部分にフォーカスする事

ガラス玉に映る木

自分に自信が持てない時は、自然と自分の悪い部分や人よりも劣っている「不足」の部分に目が行ってしまいがちです。

頑張って努力をしてみたものの、思い通りの結果が出なかったり場合落ち込んでしまう事もあるかもしれません。

もちろん結果を出す事は大事ですし、結果を出す事によって周囲からも評価されて自信に繋げていく事が出来るようになります。

ですが、結果が出なかったからといって自分自身を全て否定する必要はありません。

なぜならば、それらはあなたにとって確実に血肉となっているので、これまでの経験はあなたにとっての財産となり得てくるからです。

失敗や自分の足りない部分に注目するのではなく、これまでの経験や実績を元に今後を考えていった方が遥かに建設的なものとなってくるでしょう。

【スポンサーリンク】

今すぐ出来る自分に自信をつける11の方法

自分を信じて

自分にしかない強みを再認識する

あなたには幼少期から続けてきた趣味や勉強、スポーツなどありますか?

必ずしもそれがプロに通じる必要はありませんが、続けてきたものがあれば一つの財産にもなってきます。

それによって知識や経験も人よりも蓄えられるでしょうし、ある種の才能であるとも言えるでしょう。

続ける事で、その分野において人よりも知識や経験も蓄えられますし、極めればその道の第一人者にもなり得る事が出来るかもしれません。

もちろん、上を見たらキリはありませんが、それでも積み重ねて来た経験は自身を裏切らないものになってきます。

目標を設定する

具体的な目標を立てる事で、それに向かって行動を積み重ねていく事が出来るようになります。

漠然とした目標を立てるのではなく、自分が理想とする自分になる為に必要な行為やスキルを身につけるなどを想定し、ゴールから逆算して自分がすべき事を考えていきます。

・今週中に今進めている仕事を終わらせる
・1年以内に副業で収入を3万円増やす
・転職サイトに登録し、転職活動を始める
・半年でデザインスキルを身につける

目標設定をする際は短期・中期・長期的な視野を踏まえた上で計画をしていけると良いです。

その都度自分が立てた目標をクリアしていく事で、自分が前に進んでいる実感を持てるようになります。

自分に対してポジティブな言葉を口にする

今すぐに自分に自信をつける方法として、「自分には出来る」「自分は価値のある人間だ」といったポジティブな言葉を口にする事です。

自分自身に対してネガティブなレッテルを貼ってしまうと、自分に自身が持てなくなるだけでなく、何をするにも行動をする勇気が持てなくなってしまいます。

自己暗示のようにポジティブな言葉を口にする事で、物事を前向きに捉えられるようになってくるでしょう。

ありのままの自分を受け入れる

過去の自分の失敗や過ちを振り返るあまり、自分を許す事が出来なくなってしまうものです。

周囲の人たちに迷惑をかけてる事にも負い目を感じていると、今の自分を肯定する事が難しく感じられてしまう事でしょう。

そこで過去の自分を振り返るのではなく、今の自分自身に対して意識を集中させてみて下さい。

「今の自分はどんな気分ですか?」

「辛い気持ちや苦しい気持ち、負い目などで一杯になっていませんか?」

今の気分や自分自身というのは、その状態が続く限りその先の未来にも影響を及ぼしてしまいます。

今の現状の自分自身を許し、受け入れる事で、気持ちが楽になるだけでなく、前向きに行動を促す事にも繋がってきます。

【スポンサーリンク】

日々の積み重ねを大事にする

自分に自信があるように見える人でも、必ずしも初めから自信があったとは限りません。

前に進んでいく過程で様々な壁にぶつかり、それを乗り越えていく過程で自分に自信を持てるようになっていった方も少なくありません。

僕自身、これまでに様々な失敗や挫折を味わってきましたが、それら全て自身の経験として今後に活かす糧として考えるようにしています。

時には立ち直れないくらいの挫折もありましたし、その当時は絶望しかなかったです。

【関連記事】

人生に絶望した時の対処法5つ。借金問題や辛い経験を乗り越えよう

コチラの記事でも触れていますが、大学試験の失敗や借金を抱えてしまうなど、辛かった経験を挙げるとキリがありません。

それでも、過去の経験を踏まえた上で自分が積み重ねてきた事は無駄になったわけではありません。

ここで足を止めるのではなく、自分が積み重ねてきた事にフォーカスする事で、自信を取り戻すきっかけにもなり得てきます。

自分の能力を高める

あなた自身の能力を高めていく事で、人から評価されたり価値のある人間として認められるようになります。

人から認められるようになれば自信にも繋がりますし、相手の要求に応える事で感謝される事にも繋がっていきます。

初めのうちは自分のために努力して自分本位になっても構いません。

ですが次第に自分の能力が高まるにつれて、そのスキルを欲しがる人が自然と現れるようになります。

自分が伸ばしたいスキルを身につけていく事で、それを必要とする人が現れるようになれば、あなた自身の価値が高まっている事を実感する事が出来るでしょう。

失敗を恐れずに新しい事にチャレンジする

初めから失敗せずに物事がすんなりといけば良いなと思う事もあるかもしれません。

「一を知って十を知る事が出来る」といった一部の天才を除けば、様々な経験を踏まえて行った上で自分なりの成功パターンを見出していく事が出来るようになってくるのですね。

そういった意味でも、まずは失敗を恐れずに何事にもチャレンジしていく気持ちは大事になってくるのだと思います。

経験もさほど無く、失敗を恐れるあまり身動きが取れないままですと、自信はおろか不安に押し潰されてしまう事となってしまいます。

特にプライドが高いがゆえに失敗を恐れてしまう事で、得られるはずであった経験する機会さえも失われる事となってしまいます。
もちろん、行動するだけで無く、得た情報を分析して次に活かしていく事でより確実なものへと変わってきます。

行動をする事の大切さに関しては、1998年に出版されベストセラーとなった「チーズはどこへ消えた?」という本にも書かれています。

こちらは現在でも読み継がれているビジネス書ではありますが、内容に関しては小学生でも理解出来るくらい簡単なものとなっています。

1時間ほどで読める興味がある方は一読されてみてはいかがでしょうか?

自分を偽らないようにする

自分の自信のなさを虚栄心でカバーしようとすると、いずれボロが出てきてしまいます。

本来の自分が分からなくなってしまい、途方に暮れてしまうことも。。

仕事柄、与えられた役を演じなければならない人もいますが、社会生活を営む上で本来の自分を見失ってしまう事にもなってしまいます。

自分を必要以上に大きく見せたり、他人からの要求に応えるばかりではなく、あなたにとって本来の自分である時間を作っておく必要があるでしょう。

【スポンサーリンク】

他人と比較しない

他人と比較する事は不幸を引き起こす原因となってしまいます。

周囲と競い合う事によって競争原理が働き、お互いが切磋琢磨していくのであれば良いですが、人と比較するあまり、自信を失ってしまうと元も子もありません。

特に今はSNSで様々な情報を知る事が出来ます。

ネットが無かった時代には知る由もなかった事が可視化されてしまい、自分と比較してみた際に劣っていると感じてしまう場面もあります。

他人と比較するあまり、自分のネガティブな方面が見えてしまうのであれば、人と比較する生き方は避けるようにした方が自身のためでもあります。

ポジティブな人と付き合うようにする

肯定的な言葉を発する人たちと付き合う事によって、自分にも良い影響を及ぼす事となります。

このような方々と接する事で、日々新たな発見があったり、自分では気づかなかった思考やアイデアを生み出すきっかけが芽生える事もあるからです。

逆に、自分の周囲にいる人間関係に居心地の悪さを感じている場合は、一度人間関係をリセットして新たな環境に身を置くようにしてみる方が良いです。

良い人間関係は気分を良くするだけでなく、良縁を引き寄せたり恩恵を受けられたりするなど、あなたにとってもプラスとなる出来事が舞い込んでくる事となるでしょう。

自分が目標とする人を探す

あなたが尊敬している人や目標としている人物とお近づきになる事ができれば、日々のモチベーションにもなり得てくるものです。

とはいえ、あなたの職場や生活の範囲内で必ずしもそのような人が居るとは限らない事もあります。

そんな時は、ネット上で「この人いいな」と思える人を探してみると良いです。

ブログやYouTube、SNSなど、どの媒体でも構いませんが、その人の考え方や物事の捉え方など参考になる事もあるでしょう。

SNSでフォローしたり、直接本人にダメ元でDMを送ってみるなど、もしかしたら何かしらの反応があるかもしれないので、アクションをしてみると良いですね。

一方で、「考え方<物質的なもの」をアピールしている人には要注意です。

例えばお金持ちである事を全面にアピールしている人とかは気をつけた方が良いと思います。

もちろん、裏付けされた知識や経験を元に発信しているのであれば良いかもしれませんが、どことなくフワッとして具体的な事を発信していない人には要注意です。

まとめ

自分に自信をつける方法についてまとめました。

今の自分が過去の自分にとって恥じない存在である為にも、物事に悲観し過ぎずになるべく肯定的に捉えていく事が大事であると言えます。

辛い時、自分に自信が無くなり不安になった時はどうしても自分の存在価値が分からなくなってしまいがちですが、明けない夜は無いのだと信じて過ごしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




 

シェアしてくれると励みになります!
ABOUT US
小笠原英輝(Hio)ペン画家
東京を中心に活動しているペン画家です。当ホームページでは、絵の描き方だけでなく、インターネットを活用して生活していく方法について解説しています。 自分の好きな事で生きていきたい方、絵で食べていきたいと思っている方に向けて、有益な情報を心がけて発信しています。
テキストのコピーはできません。