一人旅をするメリット・デメリット 6選。自由気ままなおひとり様

スポンサーリンク

 

あなたは一人旅をした事がありますか?

それとも、これからしてみたいと思っていたりしませんか?

 

旅行と言うと少人数、あるいは家族や団体で行くようなイメージがあるかもしれませんが、フラッと一人で出かける一人旅も旅行のうちに入る事だと思います。

行先を自由に決める事が出来ますし、誰かしらに気を遣わずに行きたい場所へ行く事が出来るという事が一人旅をするメリットであるとも言えるでしょう。

 

この記事では、僕自身一人旅をした際に、個人的に感じたメリット・デメリットについてまとめてみました。

これから一人旅をしようと思っている方、一人旅に興味があるという方に参考にして頂けると幸いです。

 

メリット

 

 

時間を気にせず各所を巡る事が出来る

 

一人旅をする大きなメリットの一つとして、時間の制約も無く各所をめぐる事が出来るという点です。

 

好きな時間に好きな場所。

人の都合に合わせることなく、自分本位に動く事が一人旅ではする事が出来ます。

 

以前から行きたいと思っていた場所に行ってみたり、自然や生き物に触れに行く際の自由度も高いというメリットが一人旅にはあります。

 

人に気を使う必要が無い

 

友人や恋人、家族で旅行に行くと、それぞれの都合やペースに合わせる必要があるため、自分のペースで歩くには制限が出てきてしまいます。

一方で、一人の場合は人に気を使う必要はありませんので、自分が立てたプランに沿って各地を巡る事が出来るようになります。

 

また、連れの人のトイレの待ち時間など、ほんの些細な事ではありますが、回数を重ねるごとに時間を消費してしまう事となってしまいます。

気を使いすぎて気疲れしてしまう事もありますし、旅の疲れが増してしまう要因の一つとなってしまう事でしょう。

 

自分本位プランを立てる事が出来る

 

複数人で旅行する場合、旅先で行きたい場所があっても、独断で決めるには限界があります。

どこかしらで妥協せざるを得なくなってしまいますので、行きたいと思っていた目的地が行けなくなってしまうなど、テンションもダダ落ちに。

誰かしらと行く旅行も楽しいですが、あらかじめ行きたい目的地がある場合は一人での旅行の方が良いかもしれません。

 

自分自身を見つめ直すきっかけになる

 

旅というものは普段生活している環境とは異なるので、その分新鮮な空気を得られる事が出来るようになります。

見慣れぬ土地、初めて会う人々、その土地の文化や方言など、足を運ぶことで得られる体験によって刺激を貰う事が出来、これまで自身が生活してきた暮らしとのギャップを感じる事となるでしょう。

 

デメリット

 

人との会話がほとんどない

 

同伴者も居ない一人度ですので、一人で気ままに各地に足を運ぶことが出来ます。

その為、行動に制限はありませんが、一方で人と会話をする時間がありません。

 

現地の方々との会話をする事もありますがその場限りとなってしまうので、その後はまた一人で行動する事となります。

時々、人恋しさを感じてしまう事もあるかもしれませんが、行動の制限が無い反面、そういったデメリットもありますね。

 

財布のヒモが緩くなる

 

旅先だと気が大きくなってしまうので、その分、出費も多くなってしまいます。。

交通費、宿泊費を含め、観光地各所の観覧料であったり、またお土産をいくつも購入してしまうなど、旅先だと財布のひもが緩くなりがちとなってしまいます。

目に入る情報に魅力を感じてしまうので、あれもこれも買っているうちにお金の減り具合が加速しています。

 

まとめ

 

一人旅をする事によって、普段得る事が出来ない体験をする事が出来るようになります。

日々の慌ただしい日常を離れ、ぶらりと出かけてみる事で良い気分転換にもなってくる事だと思います。

 

シェアしてくれると励みになります!