【期間限定】2大無料特典プレゼント中!Click

黄金比の歴史と起源。用途や使用例について詳しく解説します!

黄金比

※当ページには広告が含まれています。

2大無料特典プレゼント中!

記事を読まれる前に、コチラの無料プレゼントについてのご案内をさせてもらいます。

【無料特典の内容】

・思わず人が見惚れる描写テクニックの基本
・相手に伝わる絵を描くテクニック
・人に見せても恥ずかしくない絵の描き方
・仕事でも活かせるデッサンの基礎
・生き生きとした魅力的な動物を描くコツ
・もう迷わない!デッサン、ペン画で使う道具選び
・家に居ながらでも学べる絵画教室のご案内

 

などなど、他にも無料で得られる情報が多数あります!


こんにちは。ペン画家の小笠原です。

僕が描いた作品です。


絵画やデザインを学ぶ上で、黄金比について学ぶ機会が訪れます。

とはいえ、「名前は聞いた事があるけど、意味や使用例についてまでは詳しく知らない」という方も少なくないかもしれません。



そこで今回は、絵画やデザイン、建築の設計をする上で用いられる黄金比について解説をしていきたいと思います。

ただし、この記事では数学的な見方ではなく、美術としての黄金比の概念をまとめているので、その点をご了承いただければと思います。

黄金比の知識を感性に取り入れる事で、自ずと美しいバランスや収まりの良い作品を手がけていく事が出来るようになるので、是非とも押さえておいてくださいね!

黄金比とは

黄金比
黄金比


黄金比は、自然界や美術、建築などさまざまな分野で見られる美的な比率です。

一般的に、黄金比とは1:1.618の比率を指し、対象を分割する際にその比率が現れると美しさを感じるとされています。

これは、古代ギリシャの芸術や建築で広く使用され、現代でもデザインや芸術の中で重要視されています。

【アンモナイトと黄金比について】

上でも紹介しましたが、アンモナイトの殻の形状が黄金比と似ている事から、関連性があると思われますが、実際には直接関連しているという科学的な証拠はありません。アンモナイトの殻は複雑な生物学的プロセスによって形成され、その形状はさまざまな要因によって影響を受けます。
一方で、一部のアンモナイトの殻の形状が黄金比に類似していると見なされることがあります。ただし、これは偶然または他の要因によるものであり、必ずしも黄金比に基づいて形成されたという証拠はありません。
したがって、アンモナイトと黄金比の関係については、科学的な確証はありませんが、一部の人々がアンモナイトの形状が黄金比に似ていると感じることがあるかもしれません。

黄金比の歴史


黄金比の概念は古代ギリシャにまでさかのぼります。

古代ギリシャの数学者であるユークリッドが『原論』の中で黄金比について記述し、その後、古代ギリシャの芸術家や建築家がこの比率を美の基準として採用しました。



また黄金比は、ギリシャ建築や彫刻、絵画において広く使用されました。

特にパルテノン神殿をはじめ、古代ギリシャの神殿や建築物、彫刻には黄金比が取り入れられ、美しさと調和の追求が表現されています。



その後、ルネサンス期においても黄金比は再び注目される事となりました。

フィレンツェのメディチ家を中心に、アーティストや学者たちが古代ギリシャの美的理想を模倣し、黄金比を再発見しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどの巨匠たちは、自身の作品に黄金比を取り入れ、美的な調和を追求しました。



近代においても、黄金比は芸術やデザインの中で重要視されています。

建築、絵画、彫刻、デザインなどさまざまな分野で、黄金比は美しさやバランスの基準として使われ続けています。

その美的な特性は、数学的な理論だけでなく、人間の感覚や感性にも深く根ざしています。

白銀比について


白銀比は、黄金比と同様に美的な比率ですが、1:1.4142の比率を指します。

日本では昔から、大工たちの間で神聖な比率とされ、法隆寺の五重塔や伊勢神宮などの建物に広く採用されています。この比率はしばしば「大和比」とも呼ばれています。



黄金比よりもシンプルでありながら、美的なバランスを生み出すとされています。

この比率は、デザインや芸術、建築の中で使用され、対象の分割や配置において美しさを追求する際に活用されています。

青銅比について


青銅比(Bronze Ratio)は一般的に知名度がほとんどありませんが、1:3.303の数値を持ちます。

青銅比は、黄金比と同様に美的な効果を持ち、対象の分割や配置において用いられます。

黄金比が1:1.618であるのに対し、青銅比はより対象を長く分割する傾向があります。



この比率は、数学的な理論や自然界の法則に基づいているわけではなく、むしろ芸術やデザインの中で新たな比率として提案されたものです。

その名前は、青銅の色を示唆していますが、実際には黄金比と同じくらい広く利用されているわけではありません。

なので、実用性はあまりなく、知識としてしっておくだけでもよいかもしれません。



ただし、デザインや芸術の分野で実験的に青銅比が採用されることがあり、新しい視覚的効果やバランスの手段として注目されることがあります。

黄金比の用途

デザイン


黄金比は、さまざまな分野で幅広く使われています。その主な用途には以下のようなものがあります。

建築


建築デザインにおいて、建物やその要素の配置、サイズ、比率を決定する際に黄金比が活用されます。

建築物全体のプロポーションや窓、ドア、柱などの部分的な要素において、黄金比が用いられることがあります。

美術


絵画や彫刻において、対象の配置や形状、サイズの決定に黄金比が用いられます。

有名な絵画や彫刻の中には、黄金比が美的な効果を生み出すために意図的に採用されているものがあります。

デザイン


広告、ウェブデザイン、グラフィックデザインなどの分野で、レイアウトや要素の配置に黄金比が活用されます。

文字や画像のサイズや位置を黄金比に基づいて調整することで、バランスの取れたデザインを作り出すことができます。

自然


自然界においても、植物や動物の形状や配置に黄金比が見られることがあります。

フィボナッチ数列と関連して、花のつき方や葉の配置などが黄金比に近い比率で表現されることがあります。

※フィボナッチ数列については、下の項目で解説しています。

写真


写真の構図やコンポジションにおいても、黄金比が活用されます。

被写体の配置や重要な要素の位置を黄金比に基づいて決定することで、視覚的な魅力やバランスを高めることができます。

【コンポジションとは】

コンポジションとは、芸術作品や写真などの視覚的な表現において、要素や要素の配置、バランス、構造、そして全体的なデザインの構成を指します。言い換えれば、コンポジションは、画面や空間における要素の配置や組み合わせ方を指し、作品全体の視覚的な調和や意味の構築に関わります。絵画、写真、彫刻、建築などの芸術分野だけでなく、デザインや映画制作などの広範な領域でも重要な概念です。

これらの分野で黄金比が使われることで、作品やデザインに調和や美しさが加わり、観賞者や利用者に心地よい感覚を与える効果が期待されます。

黄金比が使われている作品

パルテノン神殿
パルテノン神殿


黄金比が使われている作品についてご紹介をしていきます。

ギリシャの古代建築物や彫刻


古代ギリシャの建築物や彫刻における黄金比の関係は、古代ギリシャ文化の美的理想や数学的な探求を反映しています。

古代ギリシャの芸術家や建築家は、黄金比を美の基準として採用し、その比率を建物や彫刻のデザインに取り入れました。



例えば、古代ギリシャの神殿や劇場などの建築物は、黄金比を用いてプロポーションが設計されています。

柱の間隔や高さ、彫刻の配置など、建物全体のバランスと調和を実現するために、黄金比が適用されました。

特に、パルテノン神殿などの古代ギリシャの代表的な建築物は、その黄金比に基づいた対称性と美しさで知られています。



また、古代ギリシャの彫刻も黄金比の影響を受けています。有名な彫刻家たちは、人体のプロポーションや表現において黄金比を考慮し、理想的な美を追求しました。

例えば、古代ギリシャの彫刻作品である「ディスコボロス」「ウェヌス・デ・ミロ(ミロのヴィーナス)」などは、黄金比の美的理想を具現化したものとされています。



このように、古代ギリシャの建築物や彫刻は、黄金比を美の基準として採用し、その原則に基づいて設計や制作されました。

その結果、古代ギリシャの芸術は優美さと調和を追求し、後世の芸術や建築にも大きな影響を与えることとなりました。

ルネサンス期の絵画や建築


ルネサンス期(紀元14世紀から17世紀)の絵画や建築における黄金比の関係は、古代ギリシャの美的理想を再評価し、新たな芸術的革命をもたらした時期として重要です。

ルネサンス期には、芸術家や建築家が古代ギリシャ・ローマの古典的な理想を再発見し、それを現代の芸術に取り入れることで、美的な調和やバランスを追求しました。

サンタマリアデルフィオーレ大聖堂



絵画においては、ルネサンス期の巨匠たちは黄金比を用いて構図や人物のプロポーションを計画しました。

例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロなどの芸術家たちは、人体の寸法や配置に黄金比を適用し、その美的な効果を追求しました。

有名な絵画作品や肖像画には、黄金比に基づいた理想的なプロポーションが見られます。



建築においても、ルネサンス期の建築家たちは黄金比を建物のデザインやプロポーションに活用しました。

彼らは古代ギリシャ・ローマの古典的な建築様式を模倣し、黄金比を用いて柱の配置や高さ、アーチのスパンなどを計画しました。

その結果、ルネサンス期の建築物には、黄金比に基づいた美的な調和が見られます。例えば、サン・ピエトロ大聖堂のドームやフィレンツェのドゥオモなどがその代表的な例です。



ルネサンス期の芸術や建築における黄金比の活用は、美的なバランスと調和を追求する芸術家や建築家の努力の結果として現れています。

その影響は後世の芸術や建築にも深く根付き、今日まで続く美の理想として重要な役割を果たしています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品


レオナルド・ダ・ヴィンチは、ルネサンス期のイタリアの芸術家であり、科学者、発明家でもありました。

彼の多くの作品には、黄金比が見られます。

ダ・ヴィンチは、自然の法則や美的なバランスを追求する際に、黄金比の原理を重視しました。



彼の絵画作品の中には、黄金比が繊細に配置されています。

例えば、「モナ・リザ」の肖像画では、モデルのポーズや背景の構図が黄金比に沿って配置されています。

また、「最後の晩餐」では、部屋の構造や人物の配置が黄金比の原理に基づいて描かれています。



ダ・ヴィンチはまた、黄金比を解剖学の研究にも応用しました。

彼の解剖学的スケッチや図面には、人体の部位や比率が黄金比に関連していることが示されています。

彼は人体の美しさや調和を探求する際に、黄金比を重要なガイドとして使用しました。



さらに、ダ・ヴィンチの建築設計や発明においても、黄金比が見られます。

彼は、黄金比の美的なバランスや調和を、建築物や機械の設計に取り入れました。



その結果、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品は、科学的な精密さと美的な調和を兼ね備えたものとして称賛されています。

彼の作品は、黄金比の原理を応用した先駆的な例として、芸術や科学の世界で高く評価されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

ミケランジェロの彫刻


ミケランジェロ・ブオナローティは、ルネサンス期のイタリアの彫刻家であり、彫刻においても黄金比の原理を重視しました。

彼の作品には、黄金比が見られる要素が多く含まれています。



特に有名な作品の一つである「ダヴィデ像」は、黄金比の美的なバランスを示す傑作として広く知られています。

この彫刻では、ダヴィデの身体の比率やポーズが黄金比の原理に基づいて描かれています。

頭部や手足の長さ、肩の幅など、ミケランジェロは黄金比を用いてダヴィデ像のプロポーションを計算し、理想的な美を表現しました。



また、ミケランジェロの他の彫刻作品にも黄金比の影響が見られます。

彼は人体の解剖学的な研究を通じて、黄金比を人体の比率や美的な調和に適用しました。

その結果、彼の彫刻作品は、黄金比の美的な効果を追求する芸術的な探求の成果として高く評価されています。



ミケランジェロはまた、建築家としても活躍し、彼の建築設計にも黄金比が見られます。

彼は黄金比の原理を用いて建物のプロポーションやデザインを調整し、美的なバランスを実現しました。

その結果、ミケランジェロの彫刻作品や建築設計は、黄金比の原理を応用した傑出した芸術的な成果として、後世の芸術家や建築家に大きな影響を与えました。

システィーナ礼拝堂の天井画

フィボナッチ数列に基づく自然の構造やパターン

黄金比


フィボナッチ数列は、0と1から始まり、それ以降の数が直前の2つの数の和で生成される数列です(0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, …)。

この数列は、自然界に広く見られる構造やパターンの形成に影響を与えており、フィボナッチ数列と黄金比には密接な関係があります。


黄金比は、フィボナッチ数列の連続する数字を使って近似的に表現することができます。

具体的には、フィボナッチ数列の数を大きくすると、それぞれの数の比率が黄金比に近づいていきます。

例えば、大きな数のフィボナッチ数列の2つの連続する数字の比率を取ると、約1.618に近い値が得られます。


自然界では、フィボナッチ数列や黄金比に基づくパターンや構造がさまざまな場所で見られます。

例えば、植物の葉の配置や花のつき方、動物の身体の形状や模様、貝殻や種子の配置などがこれに該当します。

これらのパターンや構造は、生物が効率的に成長し、最適な形になるための進化的な適応として解釈されます。


また、自然界の地形や自然現象にも、フィボナッチ数列や黄金比に類似したパターンが見られることがあります。

例えば、ハリケーンや渦巻き雲、川の流れ、分岐する川の流れ、岩の割れ目などがこれに当たります。


これらの自然の構造やパターンは、フィボナッチ数列や黄金比が自然界で普遍的に見られる数学的な原理として説明されることがあります。

これらの原理は、生物や地形が形成されるプロセスにおいて、効率的で最適な解決策を提供し、美的な魅力をもたらすことが示唆されています。

ゴシック様式の建築物

ゴシック建築


ゴシック様式の建築物において、黄金比は一般的には直接的に使用されることは少ないですが、そのデザインやプロポーションにおいては、美的なバランスを追求するために様々な比率が考慮されています。

ゴシック様式の建築は、バラ窓や尖塔、飛梁(ひりょう)など、特徴的な要素を持ち、その全体の構造や装飾において、対称性や調和が重視されます。


例えば、ゴシック様式の大聖堂や教会のファサード(正面)では、中央の入口やローズウィンドウなどの要素が対称的に配置され、そのプロポーションが美的なバランスを生み出します。

また、内部の列柱やアーチの配置も、美的な効果を追求するために慎重に計画されます。


黄金比は、ゴシック様式の建築においては直接的には使用されませんが、ゴシック建築家は対称性やバランスの追求において、数学的な原則や美的な理想を重視しました。

そのため、黄金比に似た比率が建築物のデザインやプロポーションに見られることがありますが、必ずしも厳密な黄金比の適用ではないことを理解することが重要です。


ゴシック様式の建築は、中世ヨーロッパでの宗教的な意味合いや社会的な役割に加えて、美的な魅力やバランスの追求においても重要な役割を果たしました。

そのため、黄金比や他の美的な原則が、ゴシック建築のデザインに一定の影響を与えたと考えられています。

ゴシック建築

近代建築やデザインにおける構図や比率の基準


近代建築やデザインにおける構図や比率の基準と黄金比の関係は、黄金比が依然として重要な役割を果たしていることがあります。

これは、黄金比が人間の視覚や感覚に美的な調和をもたらすとされているためです。



近代建築では、建物や内装のデザインにおいて、黄金比がプロポーションの基準として採用されることがあります。

例えば、建物のファサード(正面から見た時の外観)や部屋の配置、窓やドアのサイズなどが黄金比に基づいて決定されることがあります。

これによって、建物全体が調和の取れた美しい姿を呈することが期待されます。



また、デザインの分野でも、広告、ウェブデザイン、グラフィックデザインなどで黄金比が活用されることがあります。

レイアウトや要素の配置、テキストや画像のサイズなどが黄金比に基づいて調整されることで、デザイン全体がバランスの取れた美しいものに仕上がります。



さらに、写真や絵画においても、黄金比は重要な役割を果たします。

被写体や絵画の要素の配置、構図、または画面の分割が黄金比に基づいて行われることで、視覚的な魅力やバランスが高まります。

総じて、近代建築やデザインにおける構図や比率の基準としての黄金比は、美的な効果を追求するための重要なツールの一つとして、依然として広く利用されています。

まとめ


今回は、最も美しいとされる黄金比という比率について解説をさせてもらいました。

黄金比は古代ギリシャ時代からすでに使われていた美の概念となっており、今日に至るまで継承されてきました。



黄金比は美しいとされる名画や建築だけではなく、自然界に存在する動植物などにも反映されている為、普段何気なく見ている景色の至る所にも黄金比は存在しています。

あらゆる自然物に目を向けてみる事で、日常の中で黄金比を探すきっかけになったり、実際に制作に取り入れてもらえると幸いです。

2大無料特典プレゼント中!

【無料特典の内容】

・思わず人が見惚れる描写テクニックの基本
・相手に伝わる絵を描くテクニック
・人に見せても恥ずかしくない絵の描き方
・仕事でも活かせるデッサンの基礎
・生き生きとした魅力的な動物を描くコツ
・もう迷わない!デッサン、ペン画で使う道具選び
・家に居ながらでも学べる絵画教室のご案内

 

などなど、他にも無料で得られる情報が多数あります!

シェアしてくれると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
小笠原英輝(Hio)ペン画家
東京を中心に活動しているペン画家です。当ホームページでは、絵の描き方だけでなく、インターネットを活用して生活していく方法について解説しています。 自分の好きな事で生きていきたい方、絵で食べていきたいと思っている方に向けて、有益な情報を心がけて発信しています。
テキストのコピーはできません。