部屋の掃除をする事で得られる4つの効果。部屋も心も清潔に

スポンサーリンク

 

こんにちはHioです。

仕事が立て込んでしまうと、家に居る時間も少なくなりませんか?

僕の場合、週の半分くらいは家で仕事をしているので、普通の人よりかは自宅に居る時間の方が長いかもしれませんが。笑

ただ、先日2ヶ月近くほとんど家を空けるような生活をしていたせいか、家には寝に帰って来るような日々を送っていたのですね。

 

で、その間、部屋の中は物で溢れかえるわ、机の上がとっ散らかった状態だったりと。。

これだと、まともに制作が出来る環境でも無いので、前々から予定していた部屋の大掃除をしてみたのですね。

 

カーペットも10年以上使っていたお古だったので、思い切って張り替えるほどの大掃除となってしまい、結局は掃除だけで1週間近くかかってしまったという。。

とは言うものの、結論としては掃除をする事によって部屋も広くなり、使いやすいように家具の配置も出来て満足です。

 

そこで、今回は部屋の掃除をしてみる事で変化した事についてまとめてみようと思いました。

大掃除は年に数回できれば良い方かもしれませんが、こまめに部屋を掃除して綺麗にしておくと気分的にもスッキリとしますよ。

 

部屋の掃除をする事でもたらされる4つの効果

 

良い気分転換になる

 

散らかった状態の部屋のままでいると、気分も憂鬱なままの状態となってしまい、日々の暮らしにも影響を及ぼしてしまいかねません。

とっ散らかった部屋の掃除をしてみたり、家具の移動をしてみるなど、それほど頻繁ではないにしろ定期的に行う事で気分転換にもなってくる事でしょう。

 

例えば、本棚を移動しただけで部屋の中まで陽の光が差し込んでくるようになり、部屋中明るくなる事もあります。

それによって、朝目が覚める度に気持ちの良い一日のスタートを切る事が出来るようにもなりますので、些細な変化でも行く行くは大きな変化をもたらしてくれる事になってきます。

 

頭が冴えるようになる

 

掃除をして整理整頓していく事で同時に頭の中もスッキリとしてきます。

部屋の中がグチャグチャのままですと、頭の中も整理されておらず、考えがまとまらず仕事や日時生活にも少なからず影響を及ぼす事となってしまいます。

 

部屋の乱れは精神の乱れでもありますので、定期的に掃除をする事で部屋を綺麗に保つようにしておきましょう。

 

失くしたものが見つかる事がある

 

いつだったか、一生懸命に探していたにも関わらずに見つからなかった小物など、あちこち探していたにも関わらず見つからず終いになってしまった事ありませんか?

忘れた頃それが見つかるなんて事もありますが、ふと思い立って部屋の掃除をしてみると見つかる事があります。

 

「今更見つかってもねぇ」と、正直思ってしまうかもしれないですが(笑)、押し入れの裏側や家具の隙間に入り込んでしまっていたりするなど、探すと見つかる事もあります。

中には記憶にないヘソクリを見つけるなど、掃除をする事でちょっとラッキーな出来事に遭遇する事もあるかもしれませんよ。

 

人を部屋に呼んでも恥ずかしくない

 

部屋は誰に見せるでもなく、自分だけの空間ではあります。

とはいえ、家に人を呼んだりする事があった際に、部屋に人を招く状態ではない程とっ散らかっていると、それだけでもマイナスですよね。

「この人仕事出来なさそう」

「清潔感が無い部屋」

声には出さなくとも、内心ではそう思われているのも無理ないと思います。

 

潔癖すぎるくらい部屋を清潔に保つ必要まではありませんが、ある程度の整理整頓や清潔感のある部屋でいた方が、人を部屋に招待した際に恥ずかしい思いをしなくても済む事でしょう。

 

まとめ

 

部屋を掃除する事でもたらされ事についてまとめてみました。
心身共に健康で居られるためにも、まずは身近なところから始めていきましょうね。

 

シェアしてくれると励みになります!