仕事とプライベートの両立を。時間を確保する為に必要な5つの事

ONとOFF

※当ページには広告が含まれています。

スポンサーリンク




 

仕事で一杯一杯になってしまうと、いざ時間が出来た際にやりたい事も無く過ごしてしまう可能性があります。

仕事だけをこなす人生を悪く言うつもりはありませんが、プライベートな時間を充実させる事で、仕事にも前向きに取り組んでいけるものだとも思うのですね。

そこで今回は仕事をする上で、プライベートな時間を意識することの必要性についてまとめました。

どちらか一方に偏るのではなくて、両立していくことで心身のバランスをとる事にも繋がっていきます。

仕事とプライベートを分けるためにも、時間管理が必要

社会人になると、一日の大半を仕事に費やす人も少なくありません。

働き始めると仕事を覚えたり、取引先の人との人間関係を円滑に進める事にエネルギーを注ぐ事も多々あります。

また適齢期に達したら結婚を経て出産、育児に時間を取られる方も居る事でしょう。

学生時代は勉強や部活、アルバイトなどがメインでしたが、働き始めると仕事をする上での責任やそれに伴うプレッシャーを負う事となります。

そこでストレスを発散する方法を自分なりに考える必要がありますし、休日の過ごし方を工夫する事で、仕事にも活かしていく事が出来るようになります。

なぜ仕事とプライベートのバランスを取る必要がある?

生活にメリハリが出るようになる

人間誰しも休日もなく365日働く事は出来ません。

やはり適度な休みを取る事で、その分仕事にも集中する事が出来ますし、作業効率も高まります。

また、休日なプライベートの時間を意識する事で、「それまでに仕事を片付けよう」という意識も働くようにます。

何も無い日が続いたり、仕事漬けのように極端な日が続いてしまうと、人間どこかでだらけてしまいます。

仕事もプライベートな時間も両立していく事で、日々の生活にもメリハリをつける事が出来るようになります。

健康面や人間関係に良い影響がある

仕事のストレスを抱えたまま家にいても、家庭内の雰囲気が悪くなる一方です。

仕事のストレスが溜まると自分のことで精一杯になってしまい、周りが見えなくなってしまいます。

ストレスが限界に達すると、その捌け口として周囲の人に八つ当たりしたり、お酒やギャンブルに手を出してしまう人も少なくありません。

何かが上手くいかなくなってしまった際に、息抜きやストレスを発散する趣味が無いと、自身の健康だけでなく周囲の人との関係も悪くなってしまい兼ねません。

人間関係にヒビが入ってしまうと、修復するのに更に時間がかかってしまいますし、結果的により多くの苦労を抱えてしまう事にもなってしまいます。

修復不能な状態となってしまう前に、ストレスを溜め込まない工夫をする必要があります。

プライベートの時間を取る為の5つの方法

仕事の時間に連絡をしないなどのルールを作る

家族や友人らとの連絡は、業務に専念する為にも基本的には仕事が終わってからでないと連絡しないようにします。

自分ルールを作っておく事で、その分余計な事を考えずに済みますし、習慣化されるようになるとスムーズに仕事モードに入る事が出来るようになります。

時と場合によっては緊急性を要する事もあるので、一概には言い切れませんが、多くの場合は連絡を断つ事で仕事に専念する事が出来るようになります。

プライベートのスケジュールを決めておく

前もってプライベートの予定を立てておく事で、仕事や生活にもメリハリが付くようになります。

時間や日程を決めておき、それまでは頑張って仕事を行うなど、あらかじめ仕事とプライベートの線引きをしておきます。

先に休日やプライベートの予定を決めておく事で、その分より仕事にも専念する事が出来るようになるでしょう。

仕事のモチベーションを上げる為にも有効的な手段であると言えます。

仕事中はプライベートな事を考えない

仕事中は業務にも影響してしまうので、仕事とは関係の無い事は考えないようにする必要があります。

仕事量によっては他のことを考える余裕も無いほど忙しい時もありますが、合理的に考えた上で余計な事は考えず専念する事が大切です。

仕事中は集中して業務をこなす

プライベートの時間を大事にする為にも、仕事中は仕事に専念する必要がありますね。

仕事が早く終わればその分プライベートや趣味に時間を割く事が出来るようになるので、必要な業務はなるべくその日のうちに済ませておきたいものです。

ダラダラと長期的にやるよりも、短期的に集中する方が仕事が捗りますし、確認作業を行うゆとりも生まれるので、その分ミスも無くなる事でしょう。

仕事中はスマホやSNSをしない

仕事の業務中はスマホに触れるのを禁止している会社は多いです。

業務に集中出来なくなり、何よりも作業が遅れてはなりません。

また、個人で働いている人も仕事中はスマホの電源をオフにしている方もよく聞きます。

スマホが大事な要件や取引先からの連絡待ちの場合は必須ですが、作業に集中したい時はなるべくスマホは触らない方が仕事も効率的に進める事が出来るからですね。

スマホを触ってしまうと、SNSの通知が気になってしまったり、YouTube動画をついつい観てしまうといつの間にか時間が過ぎてしまいます。

「ちょっとだけ…」と思っていても、振り返ると大幅に時間をロスしてしまう事もあるので注意が必要です。

まとめ

仕事とプライベートのバランスをとる事の重要性についてまとめました。

生活をしていく上で仕事してお金を稼ぐ事は大事な事ですが、心身のバランスを崩してしまうと元も子もありません。

プライベートな時間を確保する事で、仕事にも良い影響を及ぼすようになるので、ゆとりを持った生活を心がけると良いでしょう。

スポンサーリンク




 

シェアしてくれると励みになります!
ABOUT US
小笠原英輝(Hio)ペン画家
東京を中心に活動しているペン画家です。当ホームページでは、絵の描き方だけでなく、インターネットを活用して生活していく方法について解説しています。 自分の好きな事で生きていきたい方、絵で食べていきたいと思っている方に向けて、有益な情報を心がけて発信しています。
テキストのコピーはできません。