仕事ができない、辛いと感じる4つの原因と8つの解決策について

仕事の悩みと解決策

※当ページには広告が含まれています。

スポンサーリンク




 

日々の仕事が辛いと感じた時、精神的に追い込まれてしまい、正常な思考が出来なくなってしまう恐れがあります。

仕事の責任やプレッシャーによって、精神的なストレスとして重くのしかかってしまうものです。

仕事でミスが続いてしまったり、「この仕事は自分に向いていない」と思う場面があると働くモチベーションを保つ事が難しいですよね。

そこで今回の記事では、アルバイトを含め、社会で働く上で感じられる悩みについての対処法をまとめました。

今の仕事に悩みや不安を感じている方に参考にしていただけると幸いです。

仕事が辛いと感じる4つの原因

仕事自体が自分に合っていない

自分の持つスキルや、知識や経験に加え、今の仕事が合っていないと感じると、仕事に対するやりがいやモチベーションが上がりづらくなってしまいます。

仕事に興味が持てなかったり、向いていないと思う仕事というのは、給料を貰える一方で長続きしづらいものでもあります。

仕事をするという事は、給料をもらう事はもちろんですが、仕事に対してモチベーションが上がらないと長続きしづらいですし、自身のスキルアップにも繋がりません。

長い目で見たらその後の人生にも影響を与えかねないので、今一度、自分自身の能力や性格や客観的に見つめ直し、向いている仕事を探す必要があります。

周囲の人間関係が悪い

会社の上司や同僚らとの人間関係が悪いと、仕事を進めていく上で大きな障害となり得てきます。

業務を遂行する上での連携が取れなかったり、コミュニケーションが取れない事でミスが増えるなど、ストレスを抱えてしまう事となってしまいます。

また、いじめや疎外されるなど、学生だけでなく社会人になっても行われている事でもあります。

今の職場の人間関係が悪いと、あなただけでなく周囲の人達においても悪い影響を及ぼしてしまうので、心当たりがあれば改善していく事が望ましいです。

仕事の負担が多い

いわゆるブラック企業の場合、仕事の期限までのノルマや仕事量が膨大な場合、ストレスを抱えてしまう原因となってしまいます。

人一人が出来る仕事量は個人差がありますし、限界もあるので、その人のキャパを超えてしまうと精神的にも肉体的にも辛く感じられてしまいます。

仕事の負担が大ききければ大きいほどストレスを抱えてしまう事となってしまうので、周囲の人に相談をしたり、仕事のやり方を考え直す必要があります。

上司からあまりにも怒られる回数が多い

自分なりに仕事を覚え、日々改善に努めていても、人間何かしらのミスをしてしまう事はあります。

もちろん、ミスをせずに業務を遂行する事が望ましいのですが、仕事量が膨大だったり、仕事が複雑化していくにつれて問題が生じる事も出てくるものです。

加えて、仕事の責任感が増すにつれてプレッシャーも多くなってしまい、ミスが続いてしまうと上司から怒られるだけでなく周囲の人にも迷惑をかけてしまう事となってしまいます。

その際に上司から怒られる回数が増えれば増えるほど自己肯定感も下がってしまい、最悪うつ病やパニック障害などを発症してしまうかもしれません。

周囲に迷惑をかけてしまっている分、周りの人に対して申し訳なく思われるかもしれません。

ですが、何よりもあなた自身にとって悪い影響を及ぼす事となってしまうので、辛い時は無理をしない事が大切です。

仕事が辛いと思った時の8つの乗り越え方

原因となるものを特定する

まずは「自分がなぜ仕事が辛いと感じてしまうのか?」について、原因となる問題点を明確にする事が大切です。

自分のキャパを大幅にオーバーしていたり、自分自身のスキルや興味に合わない仕事をさせられているなど、探せば原因は見つかる事でしょう。

あるいは周囲の人間関係に問題があったり、仕事の負担が大きいなど、様々な要因が挙げられます。

原因を特定する事で、どのように解決策を考えていけるかが明確になってくるので、客観的に自分を見つめ直す事が大切です。

対処法を考える

原因が分かったら、次にやるべき事を考える上でどういった解決策を考えるべきかを検討していきます。

まずは自分ができる範囲で改善できる事があれば改善し、上司や同僚らとのコミュニケーションを改善する事で問題を解決する場合もあります。

その上で、業務を遂行する上で効率的な方法が見つかったり、時間管理が出来るといった対処法を見出す事が出来るようになります。

目標を立てる

仕事が辛いと思うあまり、モチベーションを上げる事が難しく感じられてしまいます。

そのため、自分自身で目標を立てて、達成するために必要なプランを作成する事がオススメです。

・この日までに仕事を終わらせる
・コミュニケーションを積極的に取る
・メモを取る
・誤解がないように返事をしっかりする
・分からない所があれば質問をする

など、目標達成に向けた努力や改善を行う事で、仕事に対する意欲を取り戻すきっかけにもなり得てくるでしょう。

基本に立ち返る事で改善できる事も多々あるので、それを踏まえて目標を立てていけると良いですね。

ストレスを発散する

日々の仕事でストレスを抱えてしまっているのであれば、その都度ストレスを発散する事が必要です。

ストレスが溜まってしまうと、心身ともに悪い影響を及ぼしかねないので、そうなる前に早めの対処が必要です。

ストレス発散方法としては、スポーツや映画鑑賞も良いですし、日帰りで温泉旅行に行って日々の疲れを癒すのも良いですね。

自分なりに頭の中を空っぽにして、リラックス出来る方法を探してみると良いでしょう。

特に新入社員やアルバイトの方は仕事を覚える事が優先ではありますが、仕事を覚えてある程度コントロール出来るようになってきたら、自分を労わる事が大切です。

プライベートと仕事のバランスを取る

仕事ばかりに専念してしまうと、心にゆとりが持てなくなってしまい、ストレスが溜まる一方となってしまいます。

家族や恋人、友人などと一緒にいる時間を設けたり、自分の趣味の時間を設けたりするなど、プライベートを充実させる事で生活にメリハリが持てるようになり、仕事にも打ち込む事が出来るようになります。

コミュニケーションを改善する

上司や同僚らとのコミュニケーションが上手くいっていな事が原因であるならば、接し方を変えるなど改善する事が必要になってきます。

自分の気持ちを素直に伝えたり、相手の意見に耳を傾けるといった事でも関係を改善していく事が出来るので、まずは自身の身の振り方を変えてみると良いかもしれません。

ほんの些細な違いだったとしても、接し方を変えていく上で良好な関係を築く事が出来るようになります。

仕事の優先順位をつける

多くの仕事を抱えてしまい、身動きが取れなくなってしまう場合は、仕事の優先順位を付ける必要があります。

優先度の高い仕事から取り掛かり、一つずつ終わらせていく事が大切です。

まずは自身の仕事を整理していく事で、仕事のストレスを軽減する事にも繋がっていきます。

転職や自分のスキルアップに投資する

上記で書いたものを試してみても改善が見られなかったり、仕事にやりがいや将来性を見出せないのであれば転職を検討する事も大事かもしれません。

いきなり会社を辞めて転職活動をしてしまうとリスクしかないので、今の仕事をこなしながらセミナーや研修に参加するなど、自分自身のスキルアップに必要な事に取り込んでおく必要があります。

自己啓発書を読んで自分を奮起するのも良いですし、先を見据えた上での行動を心がけておくと良いでしょう。

まとめ

今の仕事に対して不満や辛い経験をしているのであれば、まずは自己分析をして改善していく事が大事です。

それにより解決していければ仕事がやりやすくなってきますが、難しい場合は今よりも条件の良い職場を探したり、起業するなど、自身に合ったライフスタイルを創造していけると良いですね。

スポンサーリンク




 

シェアしてくれると励みになります!
ABOUT US
小笠原英輝(Hio)ペン画家
東京を中心に活動しているペン画家です。当ホームページでは、絵の描き方だけでなく、インターネットを活用して生活していく方法について解説しています。 自分の好きな事で生きていきたい方、絵で食べていきたいと思っている方に向けて、有益な情報を心がけて発信しています。
テキストのコピーはできません。