【期間限定】2大無料特典プレゼント中!Click

ロココ時代の絵画の特徴と代表する画家。新古典主義との違いも

ヨハン・ゲオルク・プラッツァー1730 - 1735 タイトル: Palace Interior with Dancing Scene

※当ページには広告が含まれています。

2大無料特典プレゼント中!

記事を読まれる前に、コチラの無料プレゼントについてのご案内をさせてもらいます。

【無料特典の内容】

・思わず人が見惚れる描写テクニックの基本
・相手に伝わる絵を描くテクニック
・人に見せても恥ずかしくない絵の描き方
・仕事でも活かせるデッサンの基礎
・生き生きとした魅力的な動物を描くコツ
・もう迷わない!デッサン、ペン画で使う道具選び

 

などなど、他にも無料で得られる情報が多数あります!


こんにちは。ペン画家の小笠原です。

僕が描いた作品です。


壮大でドラマチックな美が主流だったバロック時代から、宮廷主導の華やかで軽快な美術様式が主流となるロココ時代が訪れるようになります。

ロココ時代は、絶対王政を確立したフランスの太陽王ルイ14世の指導のもと、文化や芸術面における大きな発展を遂げる事となりました。



そんな華やかで芸術文化が花開いたロココ時代ですが、今回はロココ時代における絵画の特徴や代表する画家についてまとめました。

ロココ時代とは?

エタール修道院教会


ロココ時代は、18世紀初頭から中頃にかけてヨーロッパで広まった美術や建築、装飾のスタイルのことを言います。

この時代はバロック時代の後に続き、特にフランスでその影響が強く見られました。


元々「ロココ」という名前は、フランス語の「rocaille(ロカイユ)」から派生したものとなっており、貝殻や小石を使った装飾を指し、この時代の特徴的なデザイン要素です。

ロココ様式は、曲線やアシンメトリー、繊細で軽やかな装飾、明るくパステル調の色使いが特徴です。

主な特徴

  1. 装飾性の強調:ロココ様式は、豪華で複雑な装飾が多く、家具やインテリアに至るまで繊細な彫刻や細部へのこだわりが見られます。
    名前の由来の通り、華やかで装飾的な表現の特徴が見られます。

  2. 軽やかな色彩:バロックの重厚で暗い色合いとは対照的に、ロココは明るく柔らかいパステルカラーが多用されました。

  3. テーマ:愛や自然、神話などを題材にした絵画や装飾が多く、ロマンティックで軽快な雰囲気が漂います。

代表的な芸術家と作品

  • 建築:フランスのヴェルサイユ宮殿の内部装飾や、ドイツのヴィース巡礼教会が有名です。

  • 絵画:アントワーヌ・ヴァトーやジャン・オノレ・フラゴナールの作品が代表的です。彼らの作品は、優美な生活や神話的なテーマを描いています。


ロココ様式は、18世紀後半になると新古典主義の台頭により次第に廃れていきましたが、その優美で繊細な美意識は現在でも多くの人々に愛されています。

ロココ時代の絵画の特徴

ジャン・オノレ・フラゴナールca. 1750/52タイトル: The Shepherdess
ジャン・オノレ・フラゴナールca. 1750/52 タイトル: The Shepherdess


ロココ時代の絵画は、その独特な美学とスタイルで知られています。

以下にロココ絵画の主な特徴を詳しく解説いたします。

主な特徴

  1. 軽やかで明るい色彩
  • ロココ絵画は、柔らかいパステルカラーや明るい色調を多用します。

    これにより、全体的に軽やかで楽しい雰囲気が醸し出されています。

  1. 優雅な構図と曲線の多用
  • 絵画の構図は優雅で流れるような曲線が特徴的です。

    対称性よりも、自然で自由なアシンメトリーが好まれました。

  1. 愛と快楽のテーマ
  • ロココ絵画は、恋愛や享楽、遊び心のある場面を描くことが多いです。

    例えば、宮廷の愛人たちの遊びや、田園の恋愛風景がよく描かれました。

  1. 自然と神話の要素
  • 自然の美しさや神話の登場人物が頻繁にテーマとして取り上げられました。

    花や木々、小川などの自然要素が絵画に豊かに描かれ、神話や牧歌的な場面がよく登場します。

  1. 軽妙なタッチ
  • ロココの画家たちは、軽やかな筆致で絵を描くことが多く、繊細で細部にわたる描写が特徴です。

    これにより、画面全体が柔らかく軽い印象を与えます。

代表的な画家と作品

アントワーヌ・ヴァトー(Antoine Watteau)

アントワーヌ・ヴァトー出典:Wikipedia
アントワーヌ・ヴァトー自画像
出典:Wikipedia

ヴァトーは、ロココ絵画の先駆者とされる画家です。

彼の代表作「シテール島への巡礼」では、恋人たちが理想郷へと向かう様子が描かれ、優雅で夢幻的な雰囲気が特徴です。

生涯とキャリア


アントワーヌ・ヴァトーはフランスの画家で、ロココ時代の先駆者として知られています。

北フランスのヴァランシエンヌで生まれ、パリでキャリアを築きました。

彼は特に「優美な宴(Fêtes galantes)」と呼ばれる、貴族たちが楽しむ軽やかで優雅な場面を描いたことで有名です。

代表作

シテール島の巡礼(The Pilgrimage to Cythera)

この作品は、恋人たちが理想郷シテール島へ向かう様子を描いています。

優美でロマンティックな雰囲気が特徴で、ロココの軽やかさと夢幻的な美しさを象徴しています。

ジャン・オノレ・フラゴナール(Jean-Honoré Fragonard)

ジャン・オノレ・フラゴナール出典:Wikipedia
ジャン・オノレ・フラゴナール自画像
出典:Wikipedia

フラゴナールは、ロココ絵画の典型ともいえる画家で、恋愛や遊び心に満ちた場面を多く描きました。

代表作「ぶらんこ」では、恋人たちがぶらんこ遊びを楽しむ様子が生き生きと描かれています。

生涯とキャリア


ジャン・オノレ・フラゴナールは、ロココ時代を代表するフランスの画家で、恋愛や遊び心に満ちたテーマを描くことを得意としました。

彼は若い頃にローマで学び、その後フランス宮廷で活躍しました。

代表作

  • ぶらんこ(The Swing)

    この作品は、若い女性がぶらんこに乗り、その下で男性が見上げるという遊び心あふれる場面を描いています。

    色彩と動きの豊かさが特徴で、ロココの典型的な作品とされています。

フランソワ・ブーシェ(François Boucher)

フランソワ・ブーシェ出典:Wikipedia
フランソワ・ブーシェ自画像
出典:Wikipedia

ブーシェは、ロココ時代を代表する画家の一人で、神話や牧歌的なテーマを得意としました。

代表作「ダイアナの入浴」では、美しい女神が描かれ、その優美な姿がロココの美学を象徴しています。

生涯とキャリア


フランソワ・ブーシェは、ロココ時代を代表するもう一人のフランスの画家で、神話や牧歌的なテーマを得意としました。

彼はルイ15世の宮廷画家としても活動し、その作品は多くの貴族や富裕層に愛されました。

代表作

水浴のディアナ(The Bath of Diana)

この作品は、狩猟の女神ダイアナとその侍女たちが入浴する場面を描いています。

美しい女性の姿と自然の風景が調和し、ロココの優美さと官能性を体現しています。

ジャン=バティスト・グルーズ(Jean-Baptiste Greuze)

ジャン=バティスト・グルーズ出典:Wikipedia
ジャン=バティスト・グルーズ自画像
出典:Wikipedia


ジャン=バティスト・グルーズは、ロココ時代に活動したフランスの画家で、家族生活や感情的な場面を描くことを得意としました。

彼の作品は、ロココの繊細さとともに人間の感情の豊かさを表現しています。

ニコラ・ランクレ(Nicolas Lancret)

ニコラ・ランクレ自画像出典:Wikipedia
ニコラ・ランクレ自画像 出典:Wikipedia


ニコラ・ランクレは、ヴァトーの影響を受けたフランスの画家で、優雅な宴の場面や日常生活の楽しさを描きました。彼の作品は、ロココの軽やかさと遊び心を反映しています。

ロココ絵画の影響


ロココ絵画は、その後の芸術やデザインに多大な影響を与えました。

優雅で装飾的なスタイルは、19世紀のアール・ヌーヴォーやその他の装飾芸術にも影響を与えています。

そして現代でも、その美しさと軽やかさは多くの人々に愛され続けています。


これらの特徴を持つロココ絵画は、当時の社会や文化を映し出すと同時に、人々に夢と楽しみを提供する芸術の一形態でした。

ロココ時代はなぜ終焉を迎えたの?


ロココ時代が終わった理由にはいくつかの要因があります。

まず、ロココ様式は豪華で華麗な装飾が特徴でしたが、次第にその過度な装飾が批判されるようになりました。

その後、シンプルで理性的な美しさを追求する古典主義や新古典主義が台頭し、これがロココ様式に取って代わるようになったのです。



また、社会的・政治的な変化も大きな影響を与えました。

特にフランス革命(1789年-1799年)が勃発する事で、旧体制の象徴であった贅沢や不平等を批判し、平等や合理性を重んじる風潮を生み出しました。

これにより、ロココのような華美な装飾様式は次第に廃れていきました。



さらに、経済的な理由も考えられます。

ロココ様式は豪華で高価な材料を使用するため、経済的に余裕のある上流階級に限られていました。

しかし、革命や戦争などにより経済状況が変わり、より実用的で手頃なデザインが求められるようになりました。

これらのような要因が重なり合って、ロココ時代は終焉を迎える事となりました。

ロココと新古典主義の違い


ロココと新古典主義は、18世紀から19世紀初頭にかけてのヨーロッパ美術における重要なスタイルですが、それぞれ異なる美学と価値観を反映しています。

以下に、両者の主要な違いを詳しく解説いたします。

ロココ(Rococo)

特徴

  1. 装飾性
  • ロココは豪華で複雑な装飾を特徴とし、曲線やアシンメトリーを多用します。

    貝殻や花、葉などの自然モチーフが多く使われました。

  1. 色彩
  • 明るく柔らかいパステルカラーが主流で、軽やかで楽しい雰囲気を醸し出します。

  1. テーマ
  • 恋愛や遊び、享楽を主題とし、軽快でロマンティックな場面が多く描かれました。

    神話や牧歌的な風景もよく登場します。

  1. 雰囲気
  • 優雅で繊細、親密な雰囲気が特徴です。

    宮廷生活や貴族の楽しみを描いた作品が多く、全体的に軽やかで華やかです。

代表的な画家

  • アントワーヌ・ヴァトー
  • ジャン・オノレ・フラゴナール
  • フランソワ・ブーシェ

新古典主義(Neoclassicism)

特徴

  1. シンプルで直線的なデザイン
  • 新古典主義は、ロココの華やかで装飾的なスタイルに対する反動として、シンプルで直線的なデザインを重視します。

    古代ギリシャやローマの影響を強く受け、対称性や秩序が重視されました。

  1. 色彩
  • 色彩はより控えめで、モノクロームに近い色調が使われることが多いです。

    明瞭でコントラストの強い配色が特徴です。

  1. テーマ
  • 古典的なテーマ、特に歴史や神話、英雄的な場面を描くことが多いです。

    道徳的な教訓や高貴な理念を表現することを重視します。

  1. 雰囲気
  • 重厚で厳粛、理性的な雰囲気が特徴です。

    ロココの軽快さとは対照的に、静謐で崇高な美を追求します。

代表的な画家

  • ジャック=ルイ・ダヴィッド
  • ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル

比較と対照

美学と価値観

  • ロココは、遊び心と享楽、個人的な感情の表現を重視し、装飾的で軽やかな美を追求します。
  • 新古典主義は、理性と秩序、公共の道徳や高貴な理念を重視し、シンプルで崇高な美を追求します。

歴史的背景

  • ロココは、18世紀初頭から中頃にかけて、特にフランスの貴族社会で広まりました。豪華な宮廷生活や社交界の影響が強く見られます。

  • 新古典主義は、18世紀後半から19世紀初頭にかけて、フランス革命や啓蒙思想の影響を受けて広まりました。古代の理想を再評価し、社会改革の精神を反映しています。

具体的な例

  • ロココの絵画は、フラゴナールの「ぶらんこ」やヴァトーの「シテール島への巡礼」が典型で、軽やかで遊び心にあふれています。

  • 新古典主義の絵画は、ダヴィッドの「ホラティウス兄弟の誓い」やアングルの「グランド・オダリスク」が典型で、厳粛で理性的な美を表現しています。

このように、ロココと新古典主義は、異なる美的価値観と社会的背景を反映しながら、それぞれの時代に独自の美術を発展させました。

まとめ


今回はロココ時代における絵画の特徴や代表する画家についてまとめさせてもらいました。

ロココ時代の美術というのは、全体的に華やかで豊かな印象を持ちますが、貴族たちが富を謳歌する一方で、市民達の不満の声が高まっていく時代でもありました。



加えて市民に対する度重なる重税により、王政に対する不平不満が高まることでフランス革命の勃発に繋がっていきました。

それにより、贅沢なロココ様式も排除されるようになり、ロココ時代の終焉を迎える事となりました。



美術様式だけを切り取って見ると、栄華を極めた美として見る事が出来ますが、一般市民達からしてみたら、たまった物ではありませんよね。

後世の人間からしてみたら、このような時代も興味深く見る事が出来ますが、当時の庶民からしてみたら厳しい生活だったと思います。



美術様式を見るだけで、かつての王政による栄華と、当時の人々の生活貧困ぶりとの対比が見えてくる事で、光と影が浮き彫りになっていきますね。

このような視点から見ても、各時代の美術様式のあり方について興味深い発見に繋がっていきます。



それでは、今回はこの辺で失礼します!

2大無料特典プレゼント中!

【無料特典の内容】

・思わず人が見惚れる描写テクニックの基本
・相手に伝わる絵を描くテクニック
・人に見せても恥ずかしくない絵の描き方
・仕事でも活かせるデッサンの基礎
・生き生きとした魅力的な動物を描くコツ
・もう迷わない!デッサン、ペン画で使う道具選び

 

などなど、他にも無料で得られる情報が多数あります!

シェアしてくれると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
小笠原英輝(Hio)ペン画家/オンライン絵画教室運営
東京を中心に活動しているペン画家です。当ホームページでは、絵の描き方だけでなく、インターネットを活用して生活していく方法について解説しています。 自分の好きな事で生きていきたい方、絵で食べていきたいと思っている方に向けて、有益な情報を心がけて発信しています。
テキストのコピーはできません。