絵を描き始めるならいつからが良い?絵心はどのくらい必要?

スポンサーリンク

 

絵心がある人というのは、側からみれば羨ましい存在かもしれません。

人によっては幼い頃から絵が上手かったり、数々の賞を獲っているなど、世の中には才能に恵まれた人もごく少数ではありますが居る事でしょう。

 

もちろん、始めから絵が上手いという人も居ますが、初めはそうでなくても描いていくうちに絵が上達していくという人も居ます。

そういった場合、「練習あるのみ」ではありますが、一つずつモノの見方や技術を培っていく事で、仮にスタートラインが遅くとも上達を見込んでいく事も出来るでしょう。

 

「絵を描く意志」があるならいつ始めてもいい

 

小さい頃から絵が得意であったり、習い事をしていた事によってある程度技術が備わっている方もいる事でしょう。

一方で、そういった絵を描く機会があったわけでも無く、ふと思い立った時に描いてみる事で意外と良いものか出来る事もあるかもしれません。

 

それまで全く絵に触れる機会が無く、趣味や仕事などを通して物事を見ていくうちに、いつしか知識として蓄えられていく事があります。

その場合、表面的なものだけで無く、細部への理解も相まってか、実際に絵に落とし込んでいく際にクオリティも高くなります。

絵を描くための技術というのはありますが、そのように理解が深い事で習得も早まる事でしょう。

 

技術のある無しに関わらず、自身に備わっている知識を使う事で、人よりも魅力的な仕上がりにしていく事となります。

年齢を重ねてしまってから絵を描いても遅いという事では無く、始めてみたいと思う事が第一歩となるのですね。

 

絵心はあるに越した事はない

 

もちろん、絵心がある事によって、その分絵の上達も早くなる事でしょう。

絵を描く事に対して抵抗が無く、意欲的に取り組んでいく事が出来れば上達も早いですからね。

 

一方で、始めていくうちに絵を描いていく事が楽しくなってくる事もあります。

人と比べてしまうと自分の至らなさに落ち込んでしまう事もあるかもしれませんが、自身が表現したい事を素直に紙に描き出していく事によって、気付けば何枚も描いている事もあります。

 

「絵を通して自分が表現していきたい事」

 

それが見えてくれば、絵心のある無しというのは必ずしも必要な事ではない事であるとも言えます。

 

絵だけでなく、様々な事にも興味を持つ事

 

絵のうまさに関しては各々の技術力の違いによって変わってくるかもしれませんが、その人自身が経験してきた事が絵にそのまま反映されてくるものでもあります。

技術的な事は知識として培っていければ誰しもある程度の上達を見込む事が出来るかもしれません。

 

しかし、その人が経験してきた事というのは唯一無二のものでもあるので、それを強調していく事で自分独自の絵を描く事が出来るでしょう。

その人にしか描けない味があり、それが人を魅了するものとなっていくので、そういった意味でも様々な経験を重ねていく事は絵に深みを出す事に繋がっていきます。

 

まとめ

 

「いつ始めるの?」と思ったら「今でしょ」というところですね。(←もう古い?)

世の中を見回してみると絵が上手な方が沢山居ますが、誰しも初めから上手だった人はごく少数の人達です。

絵を描いてみたいと思ったら、自分のペースでもって向き合って見ることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

シェアしてくれると励みになります!