デッサンは簡単?絵が苦手な初心者でも描けるようになるコツ4選

スポンサーリンク




 

この記事では、これからデッサンを始める上ですぐには習得出来ませんが、なるべく簡単に描けるようになるコツについてまとめています。

デッサンは難しいと感じ、避けていた方の苦手意識を少しでも取り除く事が出来ればと思います。

 

またデッサンを学ぶ事の敷居が高いと感じている場合、少しでも役に立つ内容であれば幸いです。

 

【スポンサーリンク】

 

上手な人を見て必要以上に落ち込まない

 

まずは精神論となってしまいますが、初めからデッサンが上手な人はそれほど多くはありません。

「デッサン」という技術を身に付ける事によって上達してきた過程があるので、初心者の人でも一から学ぶ事でデッサンを身に付ける事が出来るようになってきます。

ただ、その過程で努力していく事は必要なので楽とまではいかないですが、楽しんで学ぶ事が出来るようになれば徐々にデッサンが簡単に感じてくる事でしょう。

 

簡単なモチーフから描き始める

 

物事には順序がありますので、いきなり難しいモチーフから始めようとせず、りんごやみかんなどといったありふれた物から描いていくと良いです。

例えば、箱形のものや円柱のコップのようなシンプルな形態から始めてみるのも良いでしょう。

 

【関連記事】

立方体のデッサンについて。基本となる形態を意識し、理解を深める

円柱のデッサンについて。基本となる形態の理解を深める

 

複数あるモチーフや、難しい形のモチーフにチャレンジしても良いですが、同時進行で基礎も習得していくと良いです。

 

丸、三角、四角を使って描く

 

絵を描く上でまずは始めに丸、三角、四角といった簡単な図形を描く事でモチーフの構造に当てはめて描いていきます。

そうする事によって、モチーフの形態がよりシンプルで明確になってきます。

 

描きたいものがあっても、自身の技術が追い付いていない状態で出来上がった作品を見て落胆してしまう事にもなり兼ねません。

単純なものを複合し、徐々に難しい形態にも挑戦してみると良いでしょう。

 

コチラの書籍は初心者向けなので、これから絵を描き始める方にとっておススメの一冊です。

 

日頃から観察する目を養っておく

 

人は関心がある物事に対しては高い集中力を発揮する事が出来ます。

好奇心、探究心が刺激され、その対象に対しての理解を深めていく事が出来るようになります。

 

それをデッサンに置き換えた際、描くモチーフに対しての愛着や理解力が多ければ多いほどデッサンをする上で描きやすくなります。

例えば、犬猫を描く際に実際に飼っている方であれば仕草や表情を日頃から見ていますし、それが絵にも反映されやすくなってきます。

様々な角度から観察する事で、デッサンをする上でより反映されやすくなる事でしょう。

 

まとめ

 

これからデッサンを習い始める上での考え方についてまとめてみました。

難しく考え過ぎず、一つずつ段階を踏まえていく事が上達に繋がってくる事だと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

シェアしてくれると励みになります!