【期間限定】2大無料特典プレゼント中!Click

2大無料特典プレゼント中!

【二点透視図法】立体の書き方を書き始めから完成まで丁寧に解説

※当ページには広告が含まれています。

一点透視図法二点透視図法三点透視図法



前回の記事「一点透視図法での立方体・直方体の書き方」に続き、今回は二点透視図法での書き方について解説していきたいと思います。

一点透視図法は消失点が一つである事に対し、二点透視図法は消失点が2つ存在します。

一点透視図法が理解出来ていないと二点透視図法を理解する際にやや戸惑ってしまう為(人によっては二点透視図法の方がしっくりくるという方も居るかもしれません)、不安だと思うのであれば先にコチラをご覧になっておいてください。

【関連記事】

一点透視図法による立方体・直方体の書き方について

前回の一点透視図法で解説した際に重複してしまう箇所は一部省略させてもらいますが、必要な記載はさせてもらいますね。

【スポンサーリンク】

二点透視図法を使って立体を書く手順

今回解説する二点透視図法の描き方について、スライドショーにもまとめています。

良かったらコチラもご覧頂けると幸いです。

二点透視図法の立体の書き方


アイレベルとなる線と消失点を二か所設置する

こちらは前回解説した一点透視図法でも同様に、アイレベル(目線の高さ)と2つの消失点(VP)を設定します。

二点透視図法を扱う際、消失点同士が近いとパースがキツくなってしまいますので、ある程度の距離を離す必要があります。

【補足】

アイレベルの補助線は最終的に消しゴムで消してしまう為、線を濃く書き過ぎないようにしておきましょう。

手前となる縦線を書く



こちらも一点透視図法と同じように、一本の線を決めます。

特に決まった場所に設定する必要はありませんが、アイレベルから離れすぎるとパースがキツくなり過ぎてしまい、不自然な形になってしまうので注意してください。

縦線の端点と消失点をそれぞれ補助線で結ぶ



二点透視図法では、線の端点からそれぞれの消失点に向かって線を書き足していきます。

一点透視図法よりも補助線の数が多くなってくる為、混乱しないように注意が必要です。

【スポンサーリンク】

補助線の途中で縦線をそれぞれ書く


(※コチラの画像では、それぞれの線の端をそれぞれ(a-a’),(b-b’),(c-c’)と表しています。)



今回は長方形を描く為、(a-b),(a-c),(a’-b’),(a’-c’)それぞれの長さに関してはおおよその目分量で調整してください。

今回はなるべく直方体に見えるような位置にb-b’ , c-c’の線を設定しましたが、描くモチーフによってこれらの位置も変わってきます。


【補足】

a’-b’ , a’-c’ それぞれ引いて生じた線の角度が、90°~100°くらいが自然な立体に見えやすいです。

縦線と補助線がそれぞれ接する点から消失点に向かって補助線を書く



残りの線を書き足していきます。

線同士が重なり合ってしまう箇所が増える為、より注意が必要になってきます。

今回は直方体となっておりますが、建物を描く際などはさらに多くの補助線が重なり合ってくる為、複雑になり過ぎないように頭の中で整理していきながら線を書き足していきましょう。


立体の陰に隠れてしまう縦線(d-d’)の線を書く



次に、本来であれば直方体の陰に隠れてしまう線d-d’を書き足します。

なぜかというと、表からでは見えない箇所の線を書き足す事によって、モチーフの立体感を自分でも理解をする事が出来るようになるからです。

表面的な箇所のみをなぞっていると、絵の立体感を表現する事が出来ず、平たい絵の印象となり得てしまいます。

実際にはモチーフの裏側もあるという意識が、絵に立体感を与えてよりリアリティのある絵へと仕上げていく事が出来るでしょう。

【スポンサーリンク】

線同士を繋げて立体を書く



補助線を引いた事によって直方体の形が見えてきました。

あとは線同士を実線で結んであげる事によって、直方体の形を作っていきます。

補助線を消して完成



最後の仕上げとして補助線を消します。

デッサンで鉛筆を乗せていく段階で奥の線を消す事となりますが、立体の奥側も意識をしていきながらデッサンをしていく事で、より立体感のある絵に仕上げていく事となるでしょう。


二点透視図法の消失点の位置

二点透視図法を使って対象となる立体物をメインに描く際、以下の画像のように消失点(VP1,VP2)はそれぞれ画面の外に位置する事となります。

建築物の外観を描く際にも、相当引きで描かない限りは消失点が画面外に位置する事でしょう。






なお、一点透視図法と二点・三点透視図法の違いの一つとして、


一点透視図法 → 消失点が画面内にある

二点・三点透視図法 → 消失点が画面の外にある

このように意識して書いてみてください。

手書き動画

二点透視図法を使った見下ろした立体の書き方(手書き)


二点透視図法を使った宙に浮いた立体の書き方


透視図法に関する書籍

透視図法を習得する上で、僕が今でも参考にしている書籍についてご紹介させて頂きます。

特にこの2冊はオススメです。


created by Rinker
¥1,790 (2024/04/14 17:57:22時点 Amazon調べ-詳細)

20年以上読み継がれてきた定番テキストが新訳版として復刻した本書。

遠近法は時代を超えて何世代にも渡って受け継がれてきた技術なので、本書では遠近法の基礎をしっかりと身につける事が出来るようになります。

特に初心者でも分かりやすく解説がされているので、遠近法の基礎を学びたいのであれば手元に置いておく事でいつでも見返す事が出来ます。



created by Rinker
¥2,750 (2024/04/14 10:37:03時点 Amazon調べ-詳細)

『建物&街角スケッチパース』は全ページがカラーで解説がされているので、やや値が張ってしまいます。

ですがその分、モノクロの解説よりも理解力が高まりますし、実戦にも応用をする上でのイメージが持ちやすくなりますね。

基本的な透視図法の書き方についてはもちろんの事、画面上に消失点が多数存在する多点透視図法についての解説もされているので、こちらもオススメです。

参考イラストも多数収録されているので、実践的なイメージを具体的に習得する事に繋がると思います。



【透視図法に関する書籍】

遠近法の理解を深めよう!パース(透視図法)に関する書籍7選


まとめ

二点透視図法の基本についての解説をさせてもらいました。

パースを組み合わせていく事で、より複雑な建物であったり風景などを描いていく事が出来るようになりますが、その為にもまずは基本的な概念を知っておく事が必要です。

二点透視図法は人によって理解するスピードが違うかもしれませんが、徐々に理解を深めていくださいね!

二点透視図法の応用について


二点透視図法を使った棚の書き方
二点透視図法を使ったイスの書き方

透視図法に関する記事

透視図法の種類。イラストや絵画でも使われる3つの書き方


【スポンサーリンク】

2大無料特典プレゼント中!

シェアしてくれると励みになります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
小笠原英輝(Hio)ペン画家
東京を中心に活動しているペン画家です。当ホームページでは、絵の描き方だけでなく、インターネットを活用して生活していく方法について解説しています。 自分の好きな事で生きていきたい方、絵で食べていきたいと思っている方に向けて、有益な情報を心がけて発信しています。
テキストのコピーはできません。