二点透視図法で描く。シンプルな棚の描き方の手順について

二点透視図法の棚の描き方

スポンサーリンク

 

この記事では、二点透視図法による棚の描き方についてまとめてみました。

今回は以前まとめた『イスの描き方』と同様に二点透視図法を使って描き方となっています。

 

【▼二点透視図法について】

二点透視図法で描く立体。パースラインの描き方について

 

こちらはシンプルな形状の棚の描き方の一つとなりますが、参考になる箇所がありましたら幸いです。

 

【注意】

今回は絵として見れる事を目的としており、厳密に正確な棚では無く一部説明を省略しております。

寸法を図った上での棚の描き方では無いので、その点をご了承頂けると幸いです。

 

【スポンサーリンク】

 

アイレベル、消失点を描く

 

アイレベル

アイレベル 消失点

 

まずはじめに、目線の高さとなるアイレベルとその線上に消失点を2つ設置します。

消失点の設置場所は自由ですが、それぞれの点の距離が近すぎると棚が描きづらくなるので、ある程度ゆとりのある長さが必要となってきます。

 

パースラインを描く

 

棚のパースライン

棚のパースライン

 

棚のパースラインを描いていきます。(パースの線が薄く見づらいかもしれません…)

二点透視図法の基本的な描き方となります。

棚の全体像を描く為、やや上から見下ろすような形でアイレベルよりも少し低い位置に描いていきます。

 

直方体を描く

 

棚 直方体

棚 直方体

 

棚の大まかな形状として、パースに沿って直方体を描いていきます。

濃いめの線で描かれた箇所が棚の輪郭となります。

 

【スポンサーリンク】

 

高さを等分割する

 

棚の高さ分割

棚の高さ分割

 

次に棚の高さを等しく分割していきます。

二点透視図法ですので、赤丸の部分は同じ長さとなります。

今回は三分割となりますが、必要に応じてニ分割、四分割、五分割などに変える事も可能です。

 

板の厚みを描く

 

板の厚み

板の厚み

 

先ほど描いた直方体の高さを3分割にした後、棚としての機能を持たせるべく板の厚みをそれぞれ描いていきます。

大体1〜2cmくらいの厚みに見えるくらいが丁度良いでしょう。

 

棚板を描く

 

棚板を描く

棚板を描く

 

次に棚板の奥行きを描いていきます。

パースラインに沿って奥行きの線を描きます。

実際には隠れて見えない線がありますが、今回は見えている箇所の線だけを描いています。

 

【スポンサーリンク】

 

不要な線を消す

 

不要な線を消す

不要な線を消す

 

棚板を描き終えたら、最後の仕上げとしてパースライン等の不要な線を消していきます。

 

完成

 

棚 完成

棚 完成

 

アイレベル、消失点をそれぞれ消したら完成です。お疲れ様でした。

 

まとめ

 

今回は二点透視図法で描くシンプルな棚の描き方についてまとめてみました。

室内のパースを描く上で、机やイスに加えて棚などの家具が描かれている事で生活感のある室内風景を描く事となります。

この記事があなたにとって参考になるものでありましてら幸いです。

 

【スポンサーリンク】

 

シェアしてくれると励みになります!